新着記事

2007年03月08日

競馬の考え方

予想ブログは→競馬ブログランキング
競馬ブログは→ブログ村 競馬ランキング
人気ブログは→JRANK競馬ランキング


今週は大御所陣が競馬の考え方について
ブログに書いていたので
私も思っていることを書いてみようと思います。

私もこのブログを始めてから
いろいろと研究させてもらって
僅かながら競馬というものを分かった気になっていました。

よく的中しているブログなどを見ると
大概人気馬を絡めた馬券を買っていたため
確率の高いものから買えば的中率は上がると
ひそかに理解していました。

それも当然な話で
全国何千万の競馬ファンがいるのか分かりませんが
その人たちが身銭を削って真剣に研究しているのだから
人気になる馬がかなりの確率で来ても不思議ではないだろう、と。

しかしそれでは高配当が取れないため
たまに人気馬が消えることを考えて
ボックスや2頭軸などで穴を狙うのも一つの手だと。

そういうことを踏まえて
中京記念や仁川Sなどを買えば
思わぬ高配当を手にすることも出来ますが
そう簡単にはいかないのが競馬。

理屈は分かっていても
実際の馬券は簡単には当たりません。


自分は競馬というものを
最近はそんな風に考えていましたが
それ以外にプラスアルファが必要となるならば
人気馬が来るか来ないかという判断かなと思います。

その辺はこれからの競馬学院で
自分なりに見つけてみたいと思います。

ということで
今週からは山にこもって競馬の修行なり〜。
本当は競馬場にこもった方がいいのか?
それともウインズか?(笑)


競馬ブログランキング
ポチっと応援お願いしまするんるん

ブログ村 競馬ランキング
ポチッと応援お願いしまするんるん

JRANK競馬ランキング
ポチンと応援お願いしまするんるん

ブログの伝導競馬ランキング
ポチポチッと応援お願いしまするんるん
posted by ヘルプ at 00:39| Comment(0) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

ワイドは流しか?ボックスか?

ワイド馬券を買っていると
必ずぶち当たるのが
流しか?ボックスか?という疑問。

予想ブログは→競馬ブログランキング
競馬ブログは→ブログ村 競馬ランキング
人気ブログは→JRANK競馬ランキング

ワイドというのは
他の馬券とは少し違って
最大3点当てることができます。

このため流し買いで最高2点取るか
ボックスにして3点まとめて取るか
という悩みが出てきます。

これについて調べようと思ったら
すでに分析していたサイトがありましたので
そちらを紹介します。
    ↓
ワイドは流しかボックスか?

結論からというと
確率論的見地から見れば同じということ。

ただしリスクの分散のさせ方が違い
儲かるか儲からないかで言うと
4頭立ての場合なら
流しが90%の確率で儲かり
ボックスが40%の確率で儲かる。

でも儲かり方が違うため
結局は同じということに行き着くのだそうです。


簡単にいえば流しなら
軸さえ当たれば2点当たる可能性があります。
ボックスだと1点しか当たらない場合もあるし
2点当たれば自動的に3点当たることになるので
儲ける割合がアップするということでしょう。


私はそれほどワイドは買わないので
何点買いがベストなのか分かりませんが
ボックスで買うとなると
必然的に3点買い、6点買いが中心になるでしょう。

そうなると3点買いで3点的中なんていうのは無理なので
6点ぐらいがいいところじゃないでしょうか。

一方流し買いの場合は
特に点数は気にしなくていいので
4〜6点にすればボックスとほぼ同じに出来ます。

でも6点でも多いと思うこともあるので
レースによって流し、ボックスを使い分けるのがいいでしょうね。

確実に3着以内に来る馬がいれば流し
人気が割れている場合はボックスがいいと思います。


あと私が枠連で金杯を予想した時のように
2頭軸&相手2頭で5点買いというのもあります。
軸同士も買うので5点になります。

この場合は相手同士で決まることがない
という場合なら有効な手段ですね。
しかも3点的中可能な買い方で
ボックスより1点少なくすみます。
その代わりもしかしたら相手同士で決まるかも
という場合にはオススメできません。
ほとんどの馬が穴ならボックスの方がいいでしょうね。


そのうち枠連予想である程度結果が出たら
ワイドで何点買いがベストか実践してみます。
調べてみたいという方がいましたらご自由にどうぞ♪

競馬ブログランキング
ポチっと応援お願いしまするんるん

ブログ村 競馬ランキング
ポチッと応援お願いしまするんるん

JRANK競馬ランキング
ポチッと応援お願いしまするんるん
posted by ヘルプ at 00:11| Comment(2) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

ワイドの配当は馬連の3分の1なのか?

日本で初めてワイド馬券が発売された頃
ワイドの配当は馬連の3分の1と言われていました。

予想ブログは→競馬ブログランキング
競馬ブログは→ブログ村 競馬ランキング
人気ブログは→JRANK競馬ランキング


例えば16頭立ての場合
馬連もワイドも120通りになります。
馬連は1通りしか的中馬券が存在しないのに対して
ワイドは1−2着、1−3着、2−3着の
3通りの的中馬券が存在します。
そのため理論上ワイドは馬連の3分の1の配当と
位置づけられます。

しかし実際はどうなのか?

今回も今年終了した4重賞で見ていきたいと思います。

中山金杯 馬連 ワイド1−2着
馬連10060円 ワイド3110円
京都金杯
馬連7020円 ワイド1940円
ガーネットS
馬連1640円 ワイド610円
シンザン記念
馬連380円 ワイド140円

実際に馬連とそのワイドを比較してみると分かりますが
馬連が高配当になるほど
ワイドは馬連の3分の1以下の配当となっています。

逆に馬連が人気サイドだと
ワイドは馬連の3倍以上の配当がついています。


これはどういうことかというと
馬連が高配当になるほど
人気のない馬の組み合わせになるため
どうせ買うなら当たる可能性が高いワイドにしよう
という競馬ファンの心理が働いたものだといえます。

一方馬連が堅めの配当だと
馬連でも的中できるだろうという心理が働いているので
ワイドは買わずに馬連を買っているということになります。


競馬の格言に「人と同じ馬券を買うな」
というようなものがありますが、
これは理にかなってますね。

だから馬連を買う場合は高いオッズのものを買い、
ワイドを買う場合は低いオッズのものを買えば
人よりもお得な馬券を買っているということになるので
儲かる可能性が高くなるということです。


ただしワイドというのは
1−3着や2−3着でも的中になります。
その馬券の馬連を持っていても
的中したことにはならないので
あくまで1−2着に来た場合のみ
有効なワイド馬券の買い方だいうことが
理論上言えるということになります。

大体馬連5000円前後ぐらいから
馬連の方がお得な感じですね。

ちなみに
2006年のフェアリーS
馬連85530円 ワイド1−2着は13990円。
圧倒的にワイドの方が売れてます。

競馬ブログランキング
ポチっと応援お願いしまするんるん

ブログ村 競馬ランキング
ポチッと応援お願いしまするんるん

JRANK競馬ランキング
ポチッと応援お願いしまするんるん
ラベル:ワイド 馬連
posted by ヘルプ at 00:15| Comment(0) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

ワイドVS枠連

今年になって枠連予想というものを始めてみましたが
思ったよりも使えるなというのが今の感想です。

予想ブログは→競馬人気ランキング
競馬ブログは→ブログ村 競馬ランキング
人気ブログは→JRANK競馬ランキング


枠連というのは最大でも36通りなので
馬連よりかははるかに当たりやすくなります。
当然配当も安くなるので
3連単や3連複などに比べると非常に地味です。

そのためか競馬ブログランキング
枠連予想をしているサイトを検索してみると
ランキング6位の新・誕生!驚愕の競馬最強ソフト実証ブログさんと
自分のところぐらいしか引っかからず
ほとんどいないことが分かりました。

一方ワイドというのは
馬連よりは3倍当たりやすいものの
枠連よりかは難しいイメージがあります。
ワイドで予想しているブログも多いです。

そこで今年終わった4重賞、
中山金杯、京都金杯、ガーネットS、シンザン記念の
ワイドと枠連の配当を比較してみると
意外にも枠連が貢献していることが分かりました。

中山金杯 枠連 ワイド1−2着、1−3着、2−3着
枠連5370円 ワイド3110円、1240円、2840円
京都金杯
枠連4810円 ワイド1940円、1010円、1340円
ガーネットS
枠連750円 ワイド610円、390円、590円
シンザン記念
枠連370円 ワイド140円、160円、120円

2006年フェアリーS
枠連12740円 ワイド13990円、5830円、1160円

上記の結果を見ていただけると分かりますが
同じ1、2着を当てた場合
枠連の方が配当がいい場合が多いです。

2006年のフェアリーSもついでに見てみると
あれだけ難しい馬券をワイドで当てたにもかかわらず
枠連と遜色はありません。


ワイドの場合は1点だけ的中というわけではないので
2点、3点当たれば枠連を上回るかもしれませんが
苦労して予想した割には報酬は少ない感じがしますね。

逆に枠連は意外と配当がいいのに人気がありません。
おそらく馬1頭1頭ではなく枠ごと買ってしまうためでしょう。
だから邪道というイメージがあるのだと思います。


しかし実際に予想する場合は
馬連と同じ考え方で買わないと
外れる確率も高いと思います。

もちろんワイドも同じことで
1〜3着以内に来る馬を当てるという中にも
ベースには馬連があることは間違いないでしょう。

となると
ワイドと枠連
一見非なるものに見えますが
実は同じ予想方法が必要だった
といえるのではないでしょうか。

競馬ブログランキング
ポチっと応援お願いしまするんるん

ブログ村 競馬ランキング
ポチッと応援お願いしまするんるん

JRANK競馬ランキング
ポチッと応援お願いしまするんるん
ラベル:ワイド 枠連
posted by ヘルプ at 00:39| Comment(2) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

的中率と賭け金と平均配当について

今日は2本立て。

重賞予想は→人気blogランキング
競馬予想は→ブログ村 競馬ランキング
参加しました→JRANK競馬ランキング



今度は的中率と賭け金から
的中時の平均配当を導く方法について。

たとえば昨日紹介したR2理論さん。
的中率が23%で賭け金は6000円でした。
今回は分かりやすくするために
的中率20%と賭け金6000円とします。

的中率20%というと
5回に1回馬券が当たります。
ここで5回分の賭け金を計算すると
5×6000円=3万円。

そしてR2理論さんの場合は1点が300円の場合が多いので
3万円÷300円=100倍

この数字はわかりやすくというと
的中率20%で1レースに6000円買って
1点が300円の場合
的中時の平均配当が100倍で
ようやく回収率100%になるということです。

だから予想する場合に
1点あたり100倍以上つくものを買わないと
儲からないことになります。

しかし競馬はレースによって配当が変わります。
もし20倍の馬券を当てた場合
次は180倍を当てないと平均的中オッズが100倍になりません。

だから大穴を狙わないと儲からないということになります。



では私のストコロ大作戦で計算してみると
4戦して1R的中なので的中率25%。
一回の資金が2000円なので
2000円×4戦=8000円。
1点辺りの資金は2000円なので
8000円÷2000円=4倍。

私のあの予想だと
的中時に4倍以上の配当を得ることができないと
儲からないということです。
はっきり言って複勝では無理だということがわかります。



的中時の平均配当
1Rあたりの総資金×(100/的中率)÷1点あたりの賭け金


注)的中率(%)

上記の式で自分が儲けるには
どれぐらいの配当を狙えばいいのかが計算できます。

例)
的中率:25%
1Rあたりの資金:1万円
1点あたりの賭け金:1000円なら

的中時の平均配当=1万×(100/25)÷1000円
=10000×4÷1000
=40倍

的中率25%で1点1000円10点買いの場合、
的中時の平均配当が40倍以上じゃないと儲からない
という結果になりました。



自分の場合計算してみたら
的中時の平均配当は22〜33倍でした。
これ馬連ですが結構厳しい数字ですね。
当然人気の馬券も買うので
今年の的中率で今の買い方だと
中穴以上を当てていかないと
回収率100%は無理ということになります。


賭け金に差をつけている場合は
1点あたりの賭け金を変えて計算すれば
何倍から何倍が必要かがわかります。

ちょっと難しい話になりましたが
いかがでしょうか?

競馬ブログランキング
参考になったと思ったら1クリックお願いします♪


ブログ村 競馬ランキング
参考にならなくても1クリックお願いします。

 
JRANK競馬ランキング
こちらもクリックお願いします。

posted by ヘルプ at 00:30| Comment(3) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

的中率の重要性

昨日は馬券術 人間の条件
という本を立ち読みしてきました。

以前も少し読んだのですが
馬券の資金配分や連敗率について書かれていて
興味深い馬券本だと思います。

重賞予想は→人気blogランキング
競馬予想は→ブログ村 競馬ランキング
参加しました→JRANK競馬ランキング



連敗率の出し方はこの前も書きましたが
これは中学や高校で勉強する確率と同じです。

例えば的中率20%の場合
不的中率は100−20=80%。
これは1レースを買った場合のことなので
2連敗する場合の確率は同じ確率で1度掛けあわせればいいので
0.8×0.8=0.64
2連敗する確率は64%になります。

これを繰り返していくと
2連敗 64%
3連敗 51%
4連敗 41%
5連敗 33%
6連敗 26%
7連敗 21%
となります。

ここで面白いことに気付きます。
的中率20%の予想理論は
普通に考えると5回に1回馬券が当たります。
しかし連敗率を見ると
7連敗するという確率も約20%。

つまり的中率20%の予想理論は
5回に1回馬券が当たる確率ですが、
5回に1回は7連敗する可能性があるということです。

馬券が当たる確率と同じだけ7連敗する確率があるので
的中率の悪さがいかに危険か分かりますね。

このことはその本に書かれているかは分かりませんが
自分で気付いた時はものすごく恐ろしいことだと分かりました。



的中率30%の場合も検証してみると
連敗率は
2連敗 49%
3連敗 34%
4連敗 24%

的中率30%は
約3回に1回当たるけど
約3回に1回は3連敗する可能性があって
約4回に1回は4連敗する可能性があるということです。

連敗率なんてあまり関係なさそうに思えますが
モチベーションを維持するには大事な数字なので
的中率がいかに重要かがわかると思います。


馬券術 人間の条件―「競馬は、一流の人間だけ見れば勝てるんだよ」






競馬ブログランキング
参考になったと思ったら1クリックお願いします♪


ブログ村 競馬ランキング
参考にならなくても1クリックお願いします。

 
JRANK競馬ランキング
こちらもクリックお願いします。

posted by ヘルプ at 00:08| Comment(0) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

分割コロガシ投資法について

今日は分割コロガシ投資法について考えてみたいと思います。
 

重賞予想は→人気blogランキング
競馬予想は→ブログ村 競馬ランキング
参加しました→JRANK競馬ランキング

 
参考にしたブログは
GOLD TICKET〜ゴールドチケット〜さん。
 
鶴田氏の「馬券術・人間の条件」の分割コロガシ方式について
詳しく書かれていて実践されています。
ただ結果は失敗で
現在は他のブログに移転されています。
 
 
その分割コロガシの方法ですが、
まず総資金を決めて
それを何分割かにして中資金を決めます。
その中資金を自分の的中率から連敗確率を導き出し
何分割にするか決めて投資していくやり方です。
 
例えば総資金を4万円とすると
中資金は総資金の2〜4分割するのがベストのようで
今回はキリがいい4分割にして1万円とします。
ここまでは自由に決めてよいようです。
 
連敗確率の割り出し方はイマイチ分からないのですが
的中率20%だと
↓のようになるようです。
 

2連敗 64%
3連敗 51%
4連敗 41%
5連敗 33%
6連敗 26%
7連敗 21%
8連敗 17%
9連敗 13%
10連敗 11%
15連敗  4%
20連敗  1%


「分割コロガシ方式では連敗確率の許容範囲を
20%以下に設定していて、
的中率20%の馬券術の場合、
連敗確率が20%以下になるのは8連敗なので
総資金を4分割すれば、
8連敗する可能性は4回に1回に抑えられる」
ということのようです。
 
今回の場合は中資金が1万円なので8分割すると
1万÷8=1250円≒1200円が
一回の投資額となります。
 
これを続けていって
目標金額、たとえば1万円とすると
1万円増えた時点で一旦リセットして
総資金から新たに投資額を決めていくという方法になります。
 
複勝の場合なら的中率が高いので
分割数が減って投資額が大きくなるということですね。
 
 
ただ競馬というのは
狙う馬によって配当が違ってきます。
例えば1番人気の複勝を買っても1.3倍ぐらいだと
一度外れると最初の投資分を取り戻すのに
4回連続で当てないといけないことになります。
 
これは無理がありますよね。
結局的中率が高くても回収率が低いと
徐々に負けていく状況に陥ります。
 
この投資法なら
リスクがあってもいい配当のつく馬券の方がよいでしょうか。
どちらかというと普通の馬券向きでしょうね。
 
 
自分の場合は特に決めてはいないですが
計算してみると初期総資金の20〜25分割ぐらいの資金で
投資していることが分かりました。
かなりリスクを軽減していますね(笑)
 
PAT入金したのが3月頃で
それ以来資金をゼロにしないことを目標にしてきたので
こういう風になったと思います。
 
皆さんも自分が初期投資資金の何分割で
馬券を買っているのか計算してみると面白いですよ。
 
分割コロガシのページ
     ↑
ここも分割コロガシについて細かく書かれています。
でも難しい〜。
 
連敗確率の出し方分かりました。
的中率20%なら不的中率が80%なので
1回のレースによる外れる確率は80%になります。
2連敗の場合は不的中率を2回掛け合わせることで出るので
0.8×0.8=0.64なので64%となるようです。

競馬ブログランキング
参考になったと思ったら1クリックお願いします♪


ブログ村 競馬ランキング
参考にならなくても1クリックお願いします。

 
JRANK競馬ランキング
こちらもクリックお願いします。

posted by ヘルプ at 01:22| Comment(0) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ストック式コロガシ投資法について

今日はストック式コロガシ投資法について
勉強してみたいと思います。
 

重賞予想は→人気blogランキング
競馬予想は→ブログ村 競馬ランキング
参加しました→JRANK競馬ランキング

 
この記事を書くにあたって参考にしたのが
馬券の錬金術師〜みん◎のイチオシ〜さんのブログです。
先週の日曜日12/10に実践しているので
見てみると分かりやすい。
 
Web競馬王にもストック式コロガシ投資法について
書かれていました。
こちらは方法が詳しく載っています。
 
 
ストック式コロガシ投資法ですが、
ストック式というだけあって
的中した場合に配当の何%かを蓄えておくという方法です。
 
普通のコロガシだと
当たった分全額を次に賭けるので
当たると大きく増えるものの
一度外れると結局最初の資金がなくなるので
リスクが大きいということが違うところです。
 
 
その方法は
最初に投資額を決めて
その20%を初期投資額と決めます。
資金1万円なら初期投資は2000円になります。
 
次は狙う配当。
基本は複勝1点買いで1.4倍以上を狙います。
 
(どうして1.4倍以上かというと
当たった段階で初期投資の1.3倍の資金をつぎ込むため
1.3倍だとストックする資金が0になるからです。)
 
もし仮に外れた場合は
また初期投資の2000円から始めます。
 
逆に当たった場合は
初期投資の1.3倍の資金を次のレースに賭けて
残りの資金を手元においてストックします。
 
たとえば複勝で2倍が当たったとすると
配当は2000円×2倍=4000円。
当たったので次回の投資額は
2000×1.3倍=2600円。
ストック額は4000−2600円=1400円で
この1400円がストックされます。
 
もし次のレースでも複勝で2倍が当たったとすると
配当は2600円×2倍=5200円。
当たったので次回の投資額は
2600×1.3倍=3380円≒3300円。
ストック額は5200円−3300円=1900円になります。
 
 
分かりやすく言うと
当たった場合は投資額が前回の1.3倍になっていくということです。
徐々に投資額が上がっていくのがこの投資法だと思います。
 
 
これで投資法は分かりました。
しかし問題は予想。
1.4倍以上というと簡単そうに見えますが
最近の重賞レースを調べてみたところ
1番人気が3着以内に入っても1.4倍以上付くことは
ほとんどありませんでした。
 
鳴尾記念1番人気のサクラメガワンダーは
単勝が380円、複勝160円。
これは付くじゃないか!と思われるかもしれませんが
実は信頼性はあまり高くない場合だと思います。
 
ということは複勝だと
必然的に2番人気以下の馬を狙うことになります。
しかも5回連続で外せば資金はゼロになってしまいます。
 
こうなってくると
ストック式投資法といっても
一筋縄では行かないでしょう。
 
結局予想ありきというところでしょうね。
 
 
実際どの程度の的中率で儲かるのか
今週の重賞からシミュレーションでもしようかと思ってます。
投資競馬もなかなか大変ですね。
 

競馬ブログランキング
参考になったと思ったら1クリックお願いします♪


ブログ村 競馬ランキング
参考にならなくても1クリックお願いします。

 
JRANK競馬ランキング
こちらもクリックお願いします。

 
 
posted by ヘルプ at 00:44| Comment(6) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

買い方のリスク管理

今日は馬券の買い方のリスク管理について
考えてみたいと思います。
 

朝日杯情報は人気blogランキング
鳴尾記念情報はブログ村 競馬ランキング 


馬券の買い方というと
流し、ボックス買いが一般的だと思います。
 
私も競馬を始めた当初は
律儀に1頭軸流しをしたものです。
特に1番人気からの流しが多く
そこから数点買って儲かったことはほとんどありませんでした。
 
また流しで買うとヒモ同士で決着して
タテ目を食らうことが多いので
いつしかボックス買いへと移って行きました。
 
ボックス買いのいい点というのは
1頭が来なくても他の馬が来れば当たる可能性がある
という安心感で
3頭、4頭、5頭などのボックス買いをよくしていました。
しかし当たる時は当たるけど
当たらない時は5頭ボックスでも当たりません。
 
点数の割に儲けが出にくい点もあり
流しとボックスという買い方の選択で悩んでましたね。
 
 
流し買いのメリットは
軸が分かっていれば相手を買うだけでいいので
点数を抑えられて人気どころも穴も狙える点。
デメリットは軸が来ないと
馬券がまったく当たらない点でしょう。
 
ボックス買いのメリットは
人気が割れていて混戦の場合に
まとめて買うことで当たりやすくなり
人気から大穴まで取れる点。
デメリットは
余計な馬券の組み合わせも含まれるため
点数が多くなり外れたときにリスクが大きくなることでしょうか。
 
  
流しとボックス買い、
どちらもメリット・デメリットがあり
どちらか一方に決め付けるのはよくないように思います。
むしろレースによって変えるのがいいかもしれません。
 
 
 
そこで多少でもリスクを減らすために考えられる方法は
流しなら2頭軸を採用すること。
予想していると誰でも軸ならこの2頭のどちらかだろうと
思うときがあるでしょう。
そういうときに有効だと思います。
 
ボックス買いなら
1番人気が確実に消えるような場合や混戦の場合に
迷って軸馬を決められないときに使うのが有効だと思われます。
 
 
そのほかのリスク管理は
馬連を買っている場合は
単勝、複勝、ワイドで抑えて少しでも資金を回収すること。
 
3連複の場合は
馬連、ワイドで抑えておくことでしょうね。
 
 
他にもあると思いますが、
自分で考えた方法はこんな感じです。

競馬というのは勝つことも大事ですが
負けないことも大事かもしれませんね。


 

競馬ブログランキング
参考になったと思ったら1クリックお願いします♪


ブログ村 競馬ランキング
参考にならなくても1クリックお願いします。

posted by ヘルプ at 00:09| Comment(3) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

馬券のリスク管理

昨日は投資金額や資金配分について書きましたが、
今日は馬券のリスク管理についてです。


朝日杯情報は人気blogランキング
鳴尾記念情報はブログ村 競馬ランキング


 
馬券というのは必ず外れるリスクがあります。
もちろん複勝でも外れるときは外れますね。 
 
例えば普通に馬券を買う場合。
1.7倍の複勝を1000円を買ったとします。
これが外れると1000円のマイナス。
普通に買う場合はまた複勝1000円を買うので
プラスにするにはオッズの高い馬券を買うという
当たらないリスクを背負うことになります。
ただ外れてもまたマイナス1000円なので
すぐに回収できるというリスク管理は出来ています。
  
逆に追い上げ投資などの場合は
最初に1.7倍の複勝1000円買って外れると1000円のマイナスになります。
しかし次はマイナスになった1000円を取り戻そうと
1.7倍の複勝に2000円投資することになります。
これは当たればプラスになりますが
外れると元金の減りが早くなるというリスクを負っています。
 
 
この二つを比較すると
当たりにくいけど大きく負けないリスク管理と
大きく負けることはあるけど儲かるというリスク管理になっています。
 
どちらもリスクを背負っているので
それが資金なのか的中率なのかということになってくると思います。
 
 
これは極端な例ですが
馬連などの本命党の方の場合
相当的中率が高くないと負けないリスク管理をしても
資金を大きく回収できないので
すぐマイナスになるということですよね。
 
だから難しい馬券を買っている人は
同じ金額で買うなら穴を狙わないと儲からない仕組みだと思います。
もちろん点数を多く買うということも元金の減りを早くするので
資金のリスク管理をしているとはいえないでしょうけど。
 
 
そう考えると
最も当たりやすい馬券で
追い上げ投資することは負けるリスクが少ないので
儲かるようになっているのかもしれません。
 
ただいくら当たりやすいといっても
連続して外れると資金がパンクする恐れがあります。
そのリスクをいかに回避するかが問題ですかね。
 
 
 
結局私のように重賞ばかりを普通に買っている場合は
的中率を上げながら穴を取るようにしなければ儲からないので
相当厳しいってことです。
 
 
なかなか儲からない理由がようやく分かってきました。
でも穴でも人気でも当たる予想理論さえあれば
儲けることも可能ってことですよね。
実際私の今年の回収率は100%を越えています。
今年はというだけなんですが(笑)
 
 
そこで昨日の答えですが、
人気馬も穴も同じ金額で買うということは
穴が来た場合大きく回収できるので
正しいことなんじゃないかと思います。
これはある種追い上げ投資と同じですよね。
 
 
少し自信が付いたところで
今週も穴を狙ってがんばってみようと再度思えるようになりました。
長い文章を最後まで付き合ってくれてありがとうございました♪
 

競馬ブログランキング
参考になったと思ったら1クリックお願いします♪


ブログ村 競馬ランキング
参考にならなくても1クリックお願いします。

posted by ヘルプ at 01:44| Comment(3) | 馬券の買い方について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。